石川県能登島ガラス美術館ホームページはこちら

フォト
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

2020年12月26日 (土)

おうちでワークショップ

最終回は「ガラスの絵付け」をご紹介。 

今回は家庭用オーブンで絵具を焼き付ける方法をご紹介します。

焼き付けることで色がはがれにくく、専用の絵の具を使う事でより透明感のある色で絵付けをすることができます。

冬の寒い時期、おうちで過ごすひとときに、ぜひお試しください。

12月は極月とも言う。1年の終わり、どうぞ皆様よい年末をお過ごしくださいませ。

来年も幸多い年でありますように!

Fb_paint1

Fb_paint2

2020年12月 5日 (土)

ガラス彫刻体験

毎冬恒例のワークショップが始まります。

来館記念に手軽な体験はいかがですか?

0001

2020年12月 1日 (火)

おうちでワークショップ

第5回は「オリジナルカラーのジェルキャンドル」をご紹介。 

透明であること、熱で溶けること、ジェルワックスはガラスとの共通点が多い素材、かつ、融点・凝固点が低く取り扱いが比較的容易なため、当館ではこれまでにも何度かワークショップを開催してきました。今回はジェルワックスに色をつけるところからご紹介します。色を選び、溶かし、混ぜ合せて作ったオリジナルの色でジェルキャンドルを作りましょう。

「おうちでワークショップ」の更新も残すところ1回となりました。最後までお見逃しなく!

Fb_gelcandle

Fb_gelcandle2

2020年10月31日 (土)

おうちでワークショップ かごめ結びのアレンジ

手が慣れたら、ちょっと複雑な結び方“かごめ結び”にチャレンジ!!

かごめ結びとは…結び目が、かごの網目のようになっている結び方。紐の交差する数でかごめ結び十角・かごめ結び十五角という呼び方をします。

※2本どりの場合、まずは1本でかごめ結びをゆるく作り(画像①)、それに沿わせるように紐の端から順に結び目にピッタリ沿わせていきます。(画像②③)内側・外側どちらからでも大丈夫。

最後まで沿わせたら、紐を締めて形を整えます。紐の端は裏で切り接着剤でとめます。(画像④⑤)

☝見本はブローチになっていますが、金具を替えればヘアアクセサリーにもできます。

Fb_asianknot1 Fb_asianknot2 Fb_asianknot3 Fb_asianknot4 Fb_asianknot5

おうちでワークショップ

 第4回は「アジアン結び」をご紹介。 

「アジアン結び」とは、紐を使って装飾的に結ぶ手法や結び目のこと。中国や台湾、韓国など東アジアを中心に広まった伝統的な飾り結びのことを言います。当館では中国清朝のガラス工芸作品を収蔵していることから吉祥をテーマに、アジアン結びのワークショップを開催しました。

今回は、相手の幸福や平安、健康を祈る結び方「吉祥結び」をご紹介します。

1_asian-knot

2020年9月24日 (木)

おうちでワークショップ

第3回は「ハーバリウムづくり」をご紹介。 

2018年に開催した展覧会「ガラスの植物園」の関連プログラムとして、ハーバリウムを作るワークショップを開催しました。

今回は美術館周辺で見る山野草を集め、ガラス瓶に詰める花材を作るところからご紹介します。

 

詳細 https://nanao-af.jp/glass/?p=6980

 

Fb_herbarium1 Fb_herbarium2

 

2020年8月19日 (水)

おうちdeワークショップ ヒンメリのアレンジ

Img_1671_

基本的なヒンメリつくりをマスターしたら、ちょっとアレンジして、オリジナルのヒンメリを作ってみましょう。

  • 準備するもの

・竹ビーズ ・その他のビーズ  ・つぶし玉 

・テグス  ・はさみ      ・平ペンチ

※画像を参考に作ってみてね。

 

①竹ビーズの長さを替えて作ってみよう♪

 竹ビーズの長さを替えることによって、いろんな八面体ができるよ。

 (赤線が長いビーズ、青線が短いビーズを表している)

②繋げてモビールにしてみよう♪

好みの長さのテグスに竹ビーズやその他のビーズを通し、つぶし玉を使って自由に配置し、モビールを作ってみよう。

(ビーズがずれないように、つぶし玉をビーズの前後に通し平ペンチで潰す)

 詳細 https://nanao-af.jp/glass/?p=6620

Himmeli_1

Himmeli_2

 

2020年8月 5日 (水)

おうちでワークショップ

第2回は「ビーズでヒンメリ」 

ヒンメリ(別名:光のモビール)とは、藁に糸を通して多面体にしたフィンランドの伝統的な装飾品。様々な形のヒンメリを作り、それらを組み合わせて、幸福を願い飾るそうです。

今回は、ガラスのビーズで基本の形、正八面体のヒンメリを作ります。

詳細:https://nanao-af.jp/glass/?p=6620

Himmeli1

2020年7月20日 (月)

おうちdeワークショップ 万華鏡の見え方 その2

余ったミラーシートで実験。

一つは18㎝、もう一つは9㎝、長さが違う鏡の筒を作ってみた!

画像はそれぞれの筒を覗いたときに見えたパターンです。

使っている鏡の枚数は同じだけど、筒の長さを変えただけで見え方がちょっと違う。

君はどっちの見え方が好きかな?

ぜひ試してみてね。

31_kaleidoscope

32_kaleidoscope

33_kaleidoscope

2020年7月19日 (日)

おうちdeワークショップ 万華鏡の見え方 その1

本郷先生に作り方を教えてもらった万華鏡は、身近にあるモノや周りの景色を覗くことで、いろいろな模様を見ることができるよ。

※太陽や照明など、強い光を見ないようにしてね。

下の画像は、美術館のロゴマークを覗き込んだ時に見えた模様だけど、実はそれぞれ使っている鏡の枚数が違うんだ。2枚、3枚、4枚の鏡で万華鏡を作ったけど、どれがどれだかわかるかな?

みんなも作って確かめてみよう!

※鏡2枚の万華鏡は、鏡2枚と光を反射しない黒い板1枚を三角の筒に組み上げて作るよ。

21_kaleidoscope

22_kaleidoscope

23_kaleidoscope

より以前の記事一覧